kunitaka's Web Site Total Access: 00237836 (Today 29, Yesterday 35)
そして、焼き牡蠣

 実際に牡蠣を焼いている所ですね。 上の牡蠣は殻が開いたので、開けてもう少し焼いている所です。 これは当たりの牡蠣で、身が殻一杯に広がっていて、濃厚でとってもミルキーな味わいでした。