kunitaka's Web Site Total Access: 00175443 (Today 32, Yesterday 59)
 七輪の2日目です。 ちなみに、2日間食べ続けた訳じゃありません・・・ 念の為 (苦笑い)
前日は、松葉ガニとタラバガニがメインとなってしまい、この日は、牡蠣の半分、カルビ肉一切れずつ、イカとハタハタの一夜干し、はまぐり、いわし明太、野菜類の残り、生揚げでした。
そして、最後の締めは焼きおにぎりをお茶漬けにして食べました。
ただいまそら豆焼き焼き中

 今回、そら豆を初めて七輪で食べました。 これはなかなか美味しいです。 この写真はまだ焼き始めなので、青々としていますが、これが黒ずむ位、結構焦げても大丈夫で、鞘のふかふかのベッドの中で、そら豆がほくほくの状態です。 そら豆の甘さが際立つ食べ方かも知れません。


ピーマンとアスパラとししとう

 これまた、緑・みどり・ミドリですね。 ししとうは、やわさくで軽〜くねっとり気味で、焼いても美味しいんです。
ピーマンとアスパラガスは定番ですね。
アスパラガスは、やっぱり穂先が一番美味しい〜


そして、焼き牡蠣

 実際に牡蠣を焼いている所ですね。 上の牡蠣は殻が開いたので、開けてもう少し焼いている所です。 これは当たりの牡蠣で、身が殻一杯に広がっていて、濃厚でとってもミルキーな味わいでした。


焼き蛤と焼き牡蠣

 蛤は1日経ってしまった為か、死んでしまって開かないのもありましたが、ポン酢をたらして食べてもなかなか美味しいです。


真ん中にハタハタ

 真ん中にハタハタ一夜干しの最後の1匹、そして、隙間にスルメイカの一夜干しの足が転がっています。 一夜干しだからか、焼いても意外と固くならず、味も濃くてなかなかいけます。
頼んだ覚えがないのに、毎度入っているのですが、後から購入元のサイトを良く見たらサービスで付いてきたものでした。 納得。


カレイの一夜干しといわし明太

 カレイの一夜干しもなかなか美味しい。 いわし明太は脂の乗ったいわしが物凄い勢いで脂を垂らしてくれたお陰で、煙はもくもく、火はぼうぼうっと一時は大変でした。


焼きおに製造中

 最後の締めの焼きおにぎりを焼いている所です。 実は前日に最後に焼きおにぎりにする?という感じで、ご飯を炊いてあったのですが、2匹の蟹のボリュームに圧倒され、全く手をつけずに冷ご飯となっていました。
これを、お茶漬けで食べるかという話になった時に、私が焼きおにぎりにしてお茶漬けにすると言ったら、みんな、そうする!ということで、4人分焼いています。 何故か、5個ありますけどね。 (笑い)
ちなみに私は、更に残していたいわし明太を上に乗せて、ちょっと贅沢にして食べました。 あ、いかん、その写真撮り忘れた・・・
美味しかった〜


 結局、当初用意した食材は2日分で丁度食べ切りました。 それでも、かなりお腹一杯食べて、ですけど。
これで、年末年始の年に一度?の贅沢三昧は終わりです。 また、年末までお預けでしょうか。

松葉カニはこちらで購入しました。 3年前にググって見つけました。 今回で3回目、今までにはずれは無いのです。
・万福亭 松葉がに地鍋セットの元祖
<http://www.nihonkai.com/manpukutei/>

タラバガニと殻付き牡蠣はこちらで購入しました。 大人の週末2005年1月号のプレゼントコーナーに載ってました。 今回初めてでしたが、当たりだと思います。
・かに海鮮問屋 たくよう
<http://www.kushiro-takuyo.com/>

今回、備長炭が無くなりそうだったので、買い足しました。 こちらは5年前にググって見つけました。 今回で2回目。
・紀州備長炭と炭濾過木酢液の販売店「紀州五人組」
<http://www.fnw.gr.jp/5ningumi/index.htm>